MENU
カテゴリー

ラグジュアリーカードに追加/改善して欲しい点(デメリット)【Luxury Card】

 

今回は勝手にラグジュアリーカードに追加、改善して欲しいところを大きく分けて4つ挙げてみました。ラグジュアリカード自体は概ね満足しており、自分の今のライフスタイルには一番マッチしているクレジットカードだとは思っていますが、「こうであったら尚良いのに・・・」といった点を紹介していきます。私の個人的な意見なので参考になるかは怪しいですが、良ければ最後までお付き合い頂ければと思います。(中の人に届くことがあれば、是非検討の程をお願いします・・・!)

ラグジュアリーカードホルダーの方で、「自分はこう思う!」といった意見があれば何でも教えて下さい。(※コメント欄にメールアドレス等の情報の記入はなくても大丈夫です。)

目次

更新時や誕生日の特典

ラグジュアリーカードに更新時や誕生日に貰える特典は今のところありません。年会費5万円のTitaniumカードにもとは言わないので、Blackカード以上であれば何かしら欲しいところです

年会費5万円のJCB THE CLASSでも2万円相当(最近はパッとしないようですが)のメンバーセレクションギフトがあるので何かしら欲しいところです。アメックス(2020年はあずま袋)やダイナース(同年はQi充電器)の使いどころが良く分からないギフトでも誕生日に届くと少し嬉しくなるものです。アメックス プラチナには2年目以降の更新時にフリーステイギフトを貰えるので、それに似たものもあると最高ですね。

家族カードの年会費

ラグジュアリーカードの家族カードは本会員の1/4の年会費が掛かります。例えば、Goldカードだと家族カード1枚につき税込みで55,000円も掛かってしまいます。アメックスやダイナース、JCBが4枚(など)まで無料なことを考えると厳しい価格設定です。アメックスだとヒルトンやマリオットの会員ステータスが家族カードにも付与されますし、家族カードを発行するのが確定であればラグジュアリーカードは選択肢から外れてしまう人が多そうです。

金属カードの発行にコストが掛かるというのがあると思いますが、それが最大の理由であるのであれば、発行する時にイニシャルフィーとして5,000円なり10,000円を支払って、年会費は無料という形が良いなと個人的に思います。

プラスチック製の追加カード

ラグジュアリーカードは金属製を売りにしているだけあってマーケティング的に難しいのであるとは思いますが、金属カードが使えない時の代替手段としてのプラスチック製の2枚目のカードが欲しいです。折角のどこでも使えるmastercardブランドなのに、金属製が原因で使えないと悲しくなりますし、その時の為にサブで別のVISA/mastercardのクレジットカードを用意しないといけないので残念です。

あとは、単純に2枚目のカードがあると固定費用、ネットショッピング用などと用途別に分けることが出来て、不正利用された際の変更の手間やリスクを下げることが出来ます。意外とアメックスの2枚発行してくれるの便利です。ダイナースにもビジネス・アカウントカードがありますしね。

コンタクトレスも欲しい

序でに書くと、mastercardコンタクトレスも物理カードに搭載して欲しいです。コンタクトレスとはタッチ決済のことで、最近はVISAやAMEXなどがキャンペーンと共に周知を行っているもので、海外(特にヨーロッパ)では一般的に用いられていて、3万円程度までサイン・PINレスで決済することが出来ます。店員にカードを渡したり端末に刺す必要がなくタッチだけで完結するので、時短にもなりますし接触を抑えることが出来、今の時代にもマッチしています。

金属カードにNFCアンテナを搭載すること自体は、技術的に可能なようなので、何時かの券面リニューアルに期待したいところです。

カード番号の裏面化

更に序でに書くと、カード番号の裏面化も欲しいですね。今のトレンド(三井住友カード、AMEX、Chase、etc)は裏PANですし、見た目もスタイリッシュになります。SNSやブログにカード券面の画像を上げる時も、ぼかしを入れる手間が省けて便利ですし、インスタ映え的にも裏面にある方が良いです。

ラグジュアリーカードを使ったライフスタイルを売りにするのであれば、是非とも検討して頂きたいところです。とは言っても今のデザインのままカード番号をなくしてしまうと、些かノッペリしすぎてしまう気もしますが。

カードデスクを24時間365日に

これは結構な不満で、折角のステータスカードであるのだし、カードデスクも24時間365日受け付けていてほしいです。ダイナースやアメックス、JCBの裏面を見ても電話番号は2つ(国内用1つ海外用1つ)なのに対して、ラグジュアリーカードは4つも記載があります。

左側に3つ、磁気ストライプの右下に1つ

それぞれ、国内用コンシェルジュ、海外用コンシェルジュ、国内用カードデスク(アプラス)、海外用カードデスク(アプラス)で、前者2つは24時間365日なのに対して、後者のアプラスの番号は9:30~18:00で日祝休みとなっています。実質的な業務を業務時間外に出来ないとしても、引き継げるように何時でも受け付けていて欲しいですし、ユーザーからしたらどちらの電話番号に掛けるべきか考えないといけないのはスマートではありません。

(内部事情を推察するに)完全にシステムも人員も違うのでしょうが、かなり変えて欲しい点です。私の知り合いの上場企業の創業社長の方は、日中のコアタイムに時間なんて作れないからカードデスクを24時間365日使えるようにするためにアメックス プラチナをメインにしていました。私も完全に同意ですし、同意して下さる方は結構いるように思います。

番外編:ブロガー的にどの名称で呼べば良いか分からない

これは本当にしょうもない話なのですが、ブログを書くときにラグジュアリーカードをどのように呼ぶべきか悩みます。Black Card I(ブラックカードワン)社が運営する、Luxury Cardというブランドが「Mastercard® Gold Card™」、「Mastercard® Black Card™」、「Mastercard® Titanium Card™」の3種類のクレジットカードを提供しているのですが、正式名称でそれぞれのカードをMastercard® Titanium Card™の様に記載するのは大変ですし、わかりづらいので「Titaniumカード」や「チタニウムカード」のように書きます。ですが、チタンカードと書いているところもあるので何が正式名称なのか分からないのですよね。「Luxury Card」の表記も「ラグジュアリーカード」であったり「LUXURYCARD」のように書いていたりするので統一感がありません。

Googleであれば上手いことサジェストして貰えるので何とかなるのですが、Twitterの検索では名称の種類が多すぎてピンポイントで情報にアクセスし辛いです。アメックスであれば「アメックス プラチナ」、「アメプラ」、「雨白」のせいぜい3種類で、ダイナース プレミアムでも「ダイナース プレミアム」、「黒茄子」です。それがラグジュアリーカードになると、「Luxury Card、「LUXURYCARD」、「ラグジュアリーカード」、「ブラックカード」、「ラグジュアリー GOLD」・・・・etcなどキリがありません。

皆さんが知りたい情報にアクセス出来るようにするために、一番相応しいワードは何なのだろうと常々考えております。

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる